ピルの原発無月経などに対する効果

ピルは経口避妊薬として高い効果のある薬ですが、それ以外にもさまざまな症状の治療に用いられています。比較的よく知られているのは、女性に多い子宮筋腫や子宮内膜症に対する効果です。ピルを服用することで、月経の量を少なくすることができますので、筋腫があるために出血量が多く、貧血を起こしているケースにも有効です。また、月経困難症がある場合には、ピルを服用することで、子宮の過剰な収縮を防いだり、子宮内膜を休ませる効果が期待できます。
さらに、ピルはホルモンのバランスを整えて月経周期を整えるため、先の予定が立てやすくなります。大事な出張や受験などの予定に合わせて月経を移動させることも可能です。また、ホルモンに働きかけるという観点から、原発無月経や月経周期異常などに処方されることもあります。原発無月経の場合には、ピルで月経を起こす治療が行われることがあります。原発無月経を放置していると、ホルモンのバランスが崩れた状態が続くため、骨が脆くなるなどの全身に影響が及ぶリスクもあります。月経が起こらない場合には、早めに専門の医師に相談することをおすすめします。また、無理なダイエットなどにより続発性無月経となったときにも、ピルで治療が行われることがあります。その他、月経はあるのに妊娠しないケースでは無排卵性月経が隠れていることもあります。妊娠したいのになかなか妊娠しない場合には、基礎体温をつけてみることをおすすめします。基礎体温が常に一定の場合には、排卵が起きていない可能性がありますので、医師の診察を受けるとよいでしょう。ピルの副作用を恐れて、症状を放置する方も多くみられますが、適切な治療を行うことで体調を整えることができます。